未分類

通信株大幅反発!KDDIは前日比5.8%高だが上昇余地はいかに?

f:id:yutaso-kabu:20190416190331p:plain
KDDIは前日比5.85%高!下降トレンドも終焉か?

 

NTTドコモが15日に発表した新料金プランを受けて、通信大手3社の株価が大幅に上昇している。市場では新料金プランによって通信業者間での競争激化へつながる恐れが後退したとの見方が広がっている。

 

ドコモ株は一時前日比5.4%高と、2016年6月以来の日中上昇率となった。KDDIは16年8月以来の日中上昇率となる同7%高となった。ソフトバンクも5.1%高だった。一方で、年内に携帯電話事業への新規参入を目指す楽天は3.9%の下落。

 

ドコモが発表した新料金プランは3回線以上の家族利用者に最も有利で、最大で4割の値下げとなる。しかし、利用回線が少ない場合は競合他社と同水準か割高になると試算されている。

 

Bloomberg-「通信3社株が上昇、ドコモ新料金プラン発表で-競争激化は回避か」より引用
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-16/PQ12XD6S972801?srnd=cojp-v2-domestic

 
先日発表したNTTドコモの新プラン。これを受けて通信株はとうとう動き始めました。最近はNTT、ソフトバンク、KDDIと日本を代表する通信株は軟調な毎日でしたが、少し見通しが明るくなった良いニュースだったのかもしれません。
 
以前、政府は通信料金は4割ほど下げる余地があると発言。これを受けてNTTドコモは新プランを発表したのですが、はっきり言ってそれほど安いとは感じませんでした。確かに従来のプランより4割ほど安くなるプランはあるのですが、条件がめちゃくちゃシビアです。多少安くすることなら大体の人は可能だと思うのですが、4割なんてほとんどの人が無理だろうなと感じました。
 
新しい料金プランについて説明はしませんが、今日の通信株の動きを見て分かるように、それほど影響のないものとなることが予想されます。
 
 
さて、今日はKDDIがひと際目立つ上昇を見せました。引けはなんと前日比5.85%高!すばらしいですね。私は100株の弱小ホルダーですが嬉しい限りです。
 
しかし残念ながら、今回のニュースや値動きを見てKDDIの先行きを楽観視する声が多すぎます。もちろん期待するのは個人の自由なのでよいのですが、利益が増えるわけではなく、あくまでほぼ現状維持に留まったに過ぎません。それにまだ楽天という悪材料が控えていますので不安要素はまだまだ残っています。
 
 
とは言え、確かに今のKDDIの株価は少し安いように感じます。業績はほとんど横ばいになる見通しが立てられていますが、配当利回り3.9%、配当性向38% です!配当利回り3.9%は通信株なら普通なのかもしれませんが、配当性向の低さはすばらしい!!
 
例えばNTTドコモは配当性向54%、ソフトバンクは配当性向65%ほどあります。一般企業と比較するとこれらは高い分類に該当するのですが、通信株は新たな設備投資や研究開発費をほとんど必要としないため、配当性向が70%ほどあってもおかしくはありません。
 
KDDIは配当性向38%しかありませんのでまだまだ引き上げる余地があることが分かります。KDDIは自社株買いにも資金を投じていますので70%は厳しいかもしれませんが、50%ほどなら可能でしょう。
 
 これらをふまえると、私が思うKDDIの適正株価は2,750円ほどでしょうか。とりあえず何も材料がでなければこれくらいの価値はあるのかなと思います。
 
勢い次第ではあるのですが、2,750円ほどで売却することを目標にじっと待つことにします。

ブログランキング参加中です。
貴方の1クリックが励みになります!

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ