未分類

【株失敗談④】超成長株でマイナス20%を食らった話 | シェアリングテクノロジー編

あれは株式投資を始めて4年目。2018年2月のことだった。

 

当時、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長を続けていたシェアリングテクノロジーに私は目をつけた。

 

数々の失敗を乗り越えた私はもう失敗しない。そろそろ「私、失敗しないので」と言っていいだろう。

 

そう思っていた矢先、すぐに損切りすることになるとは予想だにしていなかった・・・。

 

※シェアテクは2018年6月に1:3で分割を行っている。私が売買していたころは分割前だが、分割後に価格を換算して説明する。

売買記録

購入2018/2/1 1,060円

売却2018/2/20 840円

トータル損益 -20.7%

シェアリングテクノロジーってどんな企業?

 シェアリングテクノロジーは住まい関連のトラブルを解決する企業と消費者を繋ぐマッチングサイトを運営している。

 

住まいにトラブルはつきものだ。水道が壊れた、シロアリがいるなどなど。

 

例えば水道業者に連絡しようにも、どの水道業者がいいのか分からない。最寄の水道業者の連絡先を知らないなどの経験があるかもしれない。

 

そんな時にシェアテクのマッチングサイトが活用される。

 

多種多様な企業と連携し、マッチングサイト1つで住まいに関するすべてのトラブルを網羅している。なかなか斬新なサービスを提供しているようだ。

 

購入理由

私はシェアテクの成長性に惚れ込んでしまった。そのため長期保有目的で成長を見守ることに決めた。

 

シェアテクは一般的にグロース株と呼ばれるものに該当するがその中でも目立つほどの成長を遂げている。

 

シェアテクの業績

以下の写真を見てほしい。
f:id:yutaso-kabu:20190129234536j:image

(楽天証券ISPEED-シェアリングテクノロジー-会社四季報より引用)

すごい!すごすぎるぜシェアテクさん!!

 

なんと素晴らしい成長性だ。こんな数字を見せられたらそれは買いたくなってしまうだろう。

 

私が購入したのは18年2月。そのため17年9月期までの業績しか出ていないが、そこまでの期間も高成長を遂げている。

 

この業績を見て私は購入を決意した。じゃあいつ購入するの?

今でしょ!!(古い)

 

購入タイミング

 かつての私なら業績が良いだけの理由で飛びついていたかもしれない。

 

しかぁぁぁぁし。数々の失敗を乗り越えてきた私は違う。落ちてくるタイミングを待とう。

f:id:yutaso-kabu:20190130000644p:plain
楽天証券-マーケットスピード-株価チャートより

12月末に高値を付けた後、株価はどんどん落ちてきていた。

 

ここだぁぁ!!2月1日、私は購入ボタンを押した。

 

なぜこのタイミングで購入したのか。当時の私はテクニカルなどは全く分からず、完全にファンダしか見ていない。そのため、安くなった値ごろ感で購入を決定したのだ。

 

結果・・・撃沈した。

いざ売却へ

私は長期保有目的でシェアテクを購入した。長くじっくりと成長株を握り続けているつもりだった。

 

しかし、世の中はそう甘くなかった・・・

 

想定以上に速いスピードでどんどん下がっていった。もちろん多少の下落は覚悟の上だったがあまりにも速すぎた。

 

やばい。このままじゃどんどん損が大きくなってしまう。そう思ってしまった私は購入からたったの20日後である2月20日に売却してしまった。

f:id:yutaso-kabu:20190122203322j:plain

長期保有していれば2倍や3倍も期待できる成長株をたったの20日で20%の損失をだしたのだ。

 

今回の失敗の原因は明確だ。以下にまとめていこう。

 

今回の失敗原因

 今回の失敗原因は2つあった。この2つは私が今でも教訓として心に留めているものだ。

 

私と同じ失敗をしないためにもぜひ参考にしてほしい。

 

原因1:値ごろ感で購入した

私はシェアテクを値ごろ感で購入してしまった。「そろそろ安いだろう」その甘い考えが今回の失敗をもたらした。

 

値ごろ感での購入は多くの投資家が経験していると思う。私を含め、投資家は少し安くなると「もう下がらないだろう」となぜか思ってしまう。

 

もちろん、値ごろ感には何の根拠もない。それにもかかわらず投資家は自身満々に底で購入した気になる。結果、私のように撃沈する。

 

値ごろ感を信じて底で拾うことに執着すると痛い目に合う。今回の投資で得た重要な教訓だ。

 

原因2:売買スタイルが確立していない

今回の投資は長期保有目的で購入したにも関わらずたったの20日で売却してしまった。

 

後付けになってしまうが、銘柄の選定は合っていた。私が購入してからわずか8か月で購入価格から株価は約2.5倍になっている。

 

当時の私にもシェアテクが伸びることは明確に分かっていたのだから一時的に株価が下落しても握っておけば良かったのだ。

 

ただ、この点は非常に難しい。損切りが功を奏することも多くある。

 

しかし、成長株を長期で持つつもりなら株価には目もくれず、成長が止まるまで握っておくべきではないだろうか。

 

売買スタイルを混同させると自分の投資を見失うことになりかねないため注意が必要だ。

ブログランキング参加中です。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ