未分類

リスクモンスター(3768)が8期連続増配決定!今後の買い時はいつ?

f:id:yutaso-kabu:20190523051936p:plain

 

リスクモンスターは連続増配企業

 

先日、2019年3月期の配当金額がほとんど確定となりました。

前期の年間15円から2円増配して17円の配当です。

 

 

これによりリスクモンスターは8期連続増配になります。

 

日本で8期も連続増配をしている企業は少ないので、このまま順調に増配を重ね、日本を代表する連続増配株になってほしいですね(^^)

 

増配のIR

f:id:yutaso-kabu:20190523055902p:plain
リスクモンスターIRより

なんと8期前の2011年は初配当だったのですね!

 

つまり初配当を出してから一度も減配をせずに増配を続けているということです。

 

 

このような企業は株主を大切にしている場合が多く、少しぐらい会社の業績を揺るがす事が起きても減配しない可能性が高いです。

 

 

8年かけて12円の増配ですから増配ペースはややゆっくりですが、株主にとっては減配を最も避けたいため配当金については安心できる企業でしょう。

 

リスクモンスターってどんな会社?

f:id:yutaso-kabu:20190523061443p:plain

 

ではリスクモンスターって一体何をしている会社なのでしょうか?

 

 

リスクモンスターは与信管理サービスを提供している企業です。

 

与信とは企業の信頼性、安全性のことを言います。

 

危険を察知しリスクを管理

例えば、A社と取引をしたいと思っていても、A社がいかにも倒産しそうな会社ならとても怖くて取引なんてできないですよね?

 

そういった企業の安全性などを審査する企業がリスクモンスターです。

もちろん一般的に安全と言われる企業も審査し、どのくらいの規模の取引ならリスクを抑えることができるかなども調査しているようです。

 

 

導入実績は約5,000社以上!

上場企業でも700社以上が導入しています。

 

 

時代の移り変わりが激しく、企業の寿命がどんどん短くなっている現代において、安全性を評価する事業の需要はこれからも増していくことでしょう。

 

 

リスクモンスターの業績推移

f:id:yutaso-kabu:20190523181640p:plain

 

 

2017年からの3年間は非常に安定していることが見て取れます。

 

それほど成長性は高くありませんが、着実に前年を上回る成績を残し、なおかつしっかりと増配もこなす。まさに連続増配株の理想形ではないでしょうか。

 

 

少なくともこの調子なら減配の心配はなさそうですね(*’▽’)

 

2020年3月期業績予想

f:id:yutaso-kabu:20190523183122p:plain
リスクモンスターIR資料より

 

2019.3月の決算発表と同時に出された、2020年3月期予想では売上高+4.6%、営業利益+8.7%となっています。

 

 

順調な予想ですね。

それほど大きく増収増益予想を出しているわけではないので、投資家の失望売りを招く危険性は低くなんとも無難な数字なのではないでしょうか。

 

 

配当予想

 

2020年3月期の配当予想は18.5円!

1.5円の増配です!刻みますね~

 

 

1株益が約78円の予想に対し、配当予想は18.5円なので配当性向は23%ほどしかなく、比較的安全と言えます。

 

もし会社予想通りの業績になればサプライズのさらなる増配も見込めるかもしれません。

連続増配企業は自社株買いにも積極的な傾向があるため、少なくともどちらはしてくれるのではないかと期待しています。(笑)

 

 

リスクモンスターの買い時はいつか?チャートと指標から分析

 

連続増収増益&連続増配企業ですから、なかなか株価が崩れません。

 

市場の急落や暴落に巻き込まれて安くなったタイミングを狙いたいところです。

 

株価チャート2017年6月~

f:id:yutaso-kabu:20190523211410p:plain
ヤフーファイナンス-リスクモンスター株価チャートより

 

このチャートは2017年6月からの週足チャートです。

 

やはり順調な業績を保っている企業なだけあって株価も安定していますね。

 

 

2年もあれば決算後などの急落が1度はあってもおかしくありませんが、リスクモンスターは目立った急落はありません。

 

2017年11月ごろからの急騰はおそらく自社株買いのIRによるものですが、すぐに落ち着きを取り戻していますね。

 

 

どうやらここ2年の株価下値は1,000円ぐらいかと思われます。

 

また株価1,000円ほどになった際には底堅い動きになることが予想されます。

 

配当利回り

 

リスクモンスターは8期連続増配企業です。

 

2020年も会社予想通りの増配となれば、9期連続になります。

 

これだけ増配をしてくれるのは大変すばらしいことなのですが、やはり安定しているだけあって、配当利回りで見るとあまり美味しいとは言えません。

 

現在の株価が1,140円。2019年度の配当金が17円ですので、

配当利回りは1.49%しかないのです。

 

 

安定増配企業のさだめなので仕方ないかもしれませんが、単純に連続増配だからという理由で飛びつくのは避けた方が良いでしょう。

 

ただし!

安いのではないか?と思う要素はあります!

それはPERです。

 

PERで見ると激安!?
 

 2019年度の1株益は72.62円でした。

つまり、PERは15.7倍です。

 

ここ数年、ゆるやかにではありますが着実に成長をしている。そして頭打ちの気配は無い。さらには8期連続増配企業である。

 

これほどの企業がPER15倍そこそこで放置されているのですから、PER好きにはたまらないのではないですかね。

 

 

配当利回りだけで見ると買いとは思わないけど、連続増配&安定成長を考えるとPER15倍台は割安に思えてしまいます。

 

そのあたりの投資判断は難しいかもしれませんが、それほど急騰や急落を繰り返す銘柄ではないので、ここ2年の底値である株価1,000円に落ちて来るまではゆっくり待ってみるのも良いかもしれませんね。

 

 

 

ブログランキング参加中です

これからも応援よろしくお願いします☆

ポチッと↓

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ