端株投資

SBIネオモバイル証券で端株投資をすべき理由とメリット5つ

みなさんは「あの株買いたいのに資金が足りなくて買えないなぁ~」
と、買いたくても諦めてしまったことはありませんか?

少ない給与で株式投資をしている私はこの問題に直面することがよくあります。

日本を代表する優良企業に投資したくても100株単位でしか購入できない証券口座ではなかなか手が出ないものです。

例えば超一流企業に投資しようとしても、

  • ニトリ・・・約150万円
  • オリエンタルランド・・・約160万円
  • ファーストリテイリング・・・約650万円

100株単位ならこれだけの資金が必要になってきます。

でも上記の超一流企業や株価が高くで手が出せなかった企業に投資してみたいですよね?

そこでオススメなのがSBIネオネオモバイル証券を使って端株(はかぶ)投資をすることです。

SBIネオモバイルなら国内株式を1株から株を購入することができ、なんとTポイントでも購入することができるのです!

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】

この記事では、

  1. 端株投資とは何か?
  2. なぜ端株投資をすべきなのか?
  3. SBIネオモバイル証券を使うべき理由

について説明していきます。

端株投資とは何?端株投資を実践すべき理由とメリット

端株投資とは通常の単元である100株を下回る単位で株を購入することです。1株から購入でき、もちろん99株でも購入できます。

端株投資には様々なメリットがあります。

  1. 株価が高い優良銘柄に投資が可能
  2. 少ない金額で分散投資ができる
  3. 端株でも優待が貰える銘柄がある
  4. 少ない金額で多くの経験が積める
  5. コツコツと積み立てができる

上記のメリットについて説明していきますが、これだけのメリットを得られる端株投資はすぐに実践すべき投資手法であることは間違いありません。



メリット①株価が高い優良銘柄に投資が可能

冒頭でも例に出した下記の優良銘柄

  • ニトリ・・・約150万円
  • オリエンタルランド・・・約160万円
  • ファーストリテイリング・・・約650万円

購入しようにもどれも100万円を超えてしまっています(泣)

100万円もの大金を1銘柄に投資するのはそうとうな勇気と覚悟が必要ですよね。

しかし端株投資で1株だけ購入すれば、

  • ニトリ・・・約1.5万円
  • オリエンタルランド・・・約1.6万円
  • ファーストリテイリング・・・約6.5万円

これだけの金額で超一流企業の株主になれるのです。

他にも超一流企業や優良企業の株主に数百円から数千円でなれるのですから夢がありますよね!

メリット②少ない金額で分散投資ができる

これらの企業にも1株から投資ができる

端株投資ならば超一流企業や優良企業にも少ない金額で分散投資が可能なのです。

企業名 100株なら 1株なら
日本たばこ産業 220,300円 2,200円
三菱商事 270,500円 2,700円
オリックス 160,800円 1,600円
三菱UFJリース 58,700円 587円
住友商事 165,500円 1,655円
KDDI 282,100円 2,821円
ライオン 199,400円 1,994円

他にも優良企業はたくさんありますが、個人的に好きな企業をいくつかピックアップしてみました。

もし、上記の銘柄に全て100株ずつ分散投資するなら約135万円も必要です。

しかし端株投資を利用すれば約13,000円で上記の7銘柄に分散投資が可能なのです。

そして配当金もしっかりと保有株分貰えるので、株価が高くて手が出せなかったあの高配当株にも投資が可能ですよ!

メリット③端株でも優待が貰える銘柄がある

企業名 必要株数 投資金額
上新電機 1株 1,957円
日本ケミファ 1株 2,786円
京セラ 1株 6,549円
リコー 1株 960円
日本電産 1株 13,975円
三菱マテリアル 1株 2,615円

ほかにも端株で優待が貰える企業はいくつかありますが、有名どころはこの辺りでしょうか。

2019年9月現在では約50銘柄が端株優待を実施しています。

この中でもイチオシは上新電機!!

上新電機は約2,000円の投資で自社店舗で利用可能な買い物券が5,000円分貰えるのです!それも毎年。

優待利回りは250%超え!1年で投資金額をまるまるペイできてしまう銘柄です。

これだけでもSBIネオモバイル証券で上新電機を端株投資を始める価値ありです!

 

メリット④少ない金額で多くの経験が積める

投資は経験がすべてと言っても過言ではありません。

多くの相場、多くの銘柄を通じて経験を積むことで自分自身の投資スキルを磨いていく必要があります。しかし、

  • 多くの相場は長く投資すれば経験できるが、
  • 多くの銘柄に投資するには多くの資金が必要
  • 端株投資なら少ない金額で良いから多くの資金は必要ない

分散投資と関連しますが、経験という意味でも端株投資は実践する価値のあるものなのです。

特に投資初心者の方は端株投資で経験を積んでから単元株を購入しても遅くありません。

多くの経験が積める最大のメリットを生かしましょう。

メリット⑤コツコツと積み立てができる

世の中にはバケモノ級の入金力を持ち合わせた方々がいます。当たり前のように毎月数十万円を株式投資に入れる人も・・・

しかし私のような庶民にはそんなことは無理です!

一般人には毎月数万円の積み立てが精いっぱいでしょう。では毎月の積み立ててあの有名なオリックス株の購入を考えてみましょう。

  • 仮に毎月3万円を積み立ててオリックスを購入するなら
  • 単元(100株)を購入するには6か月かかる
  • 端株なら毎月約20株ずつ買える

毎月生活費を削りながら3万円を捻出しても購入までに6か月もかかってしまう単元投資では積み立てが嫌になってしまいますよね?

端株なら毎月約20株ずつ購入できるので毎月株を購入できる楽しみがあって継続しやすいのです。

端株投資のメリットまとめ

端株投資には、

  1. 株価が高い優良銘柄に投資が可能
  2. 少ない金額で分散投資が可能
  3. 端株でも優待が貰える銘柄がある
  4. 少ない金額で多くの経験が積める
  5. コツコツと積み立てができる

この5つのメリットがありました。

あの手が届かなかった優良銘柄に投資できますし、優待利回りが100%を超える銘柄もありました。

分散・経験を積むには最適の投資でコツコツ積み立てる楽しみも実感できます。

今すぐにでも端株投資を実践し始めることをオススメします。

SBIネオモバイル証券を開設しよう

SBIネオモバイル証券は

  • 手数料が毎月216円の固定
  • さらに毎月200円分のTポイントが返ってくる
  • もちろんTポイントで投資も可能

これらの特徴を持っています。

毎月購入代金の合計が50万円未満の場合は216円の手数料で何株でも購入することができます。

端株で50万円を毎月購入する入金力があるならば通常の楽天証券やSBI証券などで投資すれば良いので、このラインを超える人はそう居ないでしょう。

さらにさらに、

毎月Tポイント200円分が貰える!
つまり実質手数料は16円で毎月取引ができるのです。

これほどお得な証券口座があっても良いのでしょうか・・・

お金を投じるのが怖いならばTポイントのみでも投資が可能ですし、口座の維持費ももちろん無料です。

私もSBIネオモバイル証券は端株専用の口座として愛用しています。

様々な端株のメリットがありましたが、何と言っても2,000円の投資で5,000円分の買い物券が優待として毎年貰える上新電機に魅力を感じました。
こんなにお得な制度を利用しない手はないでしょう。

ぜひあなたもSBIモバイル証券で端株投資を始めることをオススメします!

公式ページへ

 

 

最新記事